華やかな指輪

結婚式の当日、婚約指輪をしていくのが正解?

結婚式には指輪の交換があります。
その時に婚約指輪をしていると指輪が逆になってしまいますし、新郎も指に入れにくいですので式の間は外しておくか、右手の薬指にしておきましょう。

結婚披露宴になりましたら結婚指輪の上から重ね着けすれば、ウエディングドレスにますます映えます。
真っ白いウエディングドレスにプラチナとダイヤモンドに指輪はさらに会場の光を浴びて美しく光輝くことでしょう。
勿論、他の組み合わせの婚約指輪であったとしても真っ白なドレスに合わない婚約指輪などありません。
結婚指輪は男性の意向もあってかなりシンプルになることが多いですので、婚約指輪をしていることで装飾品としての役目も果たします。

これから毎日着ける人は別にしても、特別な日以外に付けない人にとってもこれ以上に特別な日はないと言ってもいいでしょう。
着けないということはもったいないです。
招待客の人に見せるつもりで堂々と付けましょう。
旦那様になった人から贈られたたったひとつの特別な指輪です。

それに他に招待客の人が装飾品を付けやすくなるという理由があります。
結婚披露宴に招待する友人の中に結婚している人、これからする人という人がいる場合、よく悩むのが婚約指輪をしていくかどうかだとも言われています。
冠婚葬祭につけてもおかしくないのですが、花嫁よりも目立ったらまずいのではないかと花嫁の指をみて外すという人もいるそうなのです。

せっかくの他の指輪の出番までなくす必要はないです。
本当はそこまで気にする必要はないのですが、気遣いのできる人は多いようです。

婚約指輪は婚約している間だけのものではないのかという人もいますが、それは婚約期間が長くあった昔のことであり、今は婚約期間というのは結婚の準備期間でもあって、確かに意味があるのかと疑問を持つ人も珍しくはありません。
ですがだからこそ毎日着けられるものが選ばれたり、特別な時に着けて妻や母から恋人に戻るという顔になるものとしても使えます。

Copyright(C) 2013 願いを込めて All Rights Reserved.