華やかな指輪

婚約指輪を賢く選ぶには?

婚約指輪の定番といってしまえるほどに普及しているのがダイヤモンドです。
お洒落な女性でもダイヤモンドだけは特別なもののような気がするのか、自分でもなかなか買わず、相手の男性からの贈り物として望んでしまうのがダイヤモンドです。

しかしここで考えるのがお値段です。
これから結婚でお金がかかるから、婚約指輪にダイヤモンドは無理なのではないか、と考え、女性も結婚という現実が待っているし、お金はいくらあっても足りないくらいなのに、婚約指輪にダイヤモンドなんて夢を見ている場合ではないと考えてしまいます。

ダイヤモンド=高い指輪というわけではありません。
確かにとても高級でとんでもない値段のダイヤモンドはあります。
ですがダイヤモンドほど価値が変わる宝石もないのです。

ダイヤモンドには4Cという言葉があるように「Color(色)」「Clarity(透明性)」「Carat(重さ)」「Cut(カット)」の4つの価値に分かれているのです。
このすべてに高いレベルを求めているものが高いダイヤモンドになります。
それならばどれかが特出していても他のレベルがそれほどでもなければ価値は下がるということです。
どれに価値を見出すかは個人の好みと感性、後はプロの眼からの意見も欲しいので、店員に相談することで解決してくれます。

また実話としてそのカップルはダイヤモンドの婚約指輪にこだわっていたわけではなかったのですが、女性が一目ぼれしてしまった指輪のデザインがありました。
しかしその宝石はダイヤモンドで値段も高額でした。
女性は未練を残しながらも諦めようとしたのですが、それを見た男性が「一生に一度だし多少は大丈夫」という感じになったのですが、予算を遙かに越していたので女性も譲りません。
あわや喧嘩という時に店員が「ご予算はおいくらですか」と仲裁し、ダイヤモンドなどの質をさげて婚約指輪が完成したのです。

見た目には本当に美しいデザインで女性は泣いたそうです。
これから結婚するカップルや店員の優しさから生まれた婚約指輪となりました。

Copyright(C) 2013 願いを込めて All Rights Reserved.