華やかな指輪

婚約指輪は好きな素材で選ぶのが良い

婚約指輪はプラチナのリングにダイヤモンドというのが多いのですが、決まっているわけではありません。
プラチナもダイヤモンドも輝きを失わない性質を持つことから、「永遠の愛」「変わらぬ愛」ということから、愛を誓う婚約指輪として選ばれてきました。
婚約指輪にどのようなリングや宝石を使おうと構いません。

むしろヨーロッパでは昔の習慣の名残からゴールドが主流です。
昔は鉄、やがては金、金のリングにルビーやサファイアが付き、やがてダイヤモンドが主流になったというように、歴史があります。
日本は外国から入ってきた西洋の結婚式の流れのままでしたが、やがて肌の色的にシルバーを好み、長持ちをするプラチナのリングに変わっていきました。

また本当にまれにですが金属アレルギーの人がいます。
金属アレルギーのために婚約指輪を付けることができないと諦めている人のために勧められているのが、メスなどの外科医療にも使われることのある金属のひとつである「サージカルステンレス」と呼ばれている金属であり、金属アレルギーを起こすリスクを大きく下げてくれるとされています。
ですが必ず全ての人がアレルギーを起こさないというわけではありませんので、ご注意ください。

今では婚約指輪は完全なオーダーメイドをするようになっているのも珍しくなりました。
宝石は勿論デザインなども思い通りにできます。
宝石はダイヤモンドにこだわる必要はありませんので、女性の好きな宝石などを選ぶのがいいでしょう。

誕生石なども人気があります。
また宝石は色のついたカラーダイヤモンドなどを使うと希少価値が高くなります。
あまり数がとれないために高くなってしまうのですが、サムシングフォーの意味もあるブルーのダイヤモンドに小さなピンクダイヤモンドを添えるなど、カラーダイヤモンドの組み合わせによっても様々な組み合わせができますし、他の宝石のカラーを組みあわせても綺麗な婚約指輪が出来上がります。

Copyright(C) 2013 願いを込めて All Rights Reserved.