華やかな指輪

愛があれば婚約指輪は必要ないというのは嘘?

愛があれば婚約指輪が必要ないというよりも、生活に必要ないからいらないという女性が増えています。
「婚約指輪はいらないから食器洗浄機を買って欲しい」や「二人でずっと使う結婚指輪の方がいるでしょう」や「これからの生活のこともあるし、婚約指輪はいらない」という意見が多いのですが、実は本当にいらないと本心から言っている女性は半数くらいではないかと言われています。

というのも、絶対にいらないと言っていた女性に「けじめみたいなものだから」と10万くらいの小さなダイヤモンドの婚約指輪を渡したところ、泣いて喜ばれたという報告があります。
また結婚後に「婚約指輪が欲しかった」と言われたことのある旦那様も多いようです。
ですが買ったばかりに怒られたという人もいなくないのですから、女性がどういうタイプ化にもよってかなり変わるのでしょうが、本心から怒っている女性はかなり少ないといってもいいのかもしれません。

一番いけないのは男性の方から「婚約指輪っているのか」のようなことを言うことです。
男性は純粋にすぐに結婚するのだし必要なのかという感じで軽く尋ねたつもりでも、女性にとっては殴られたくらいの衝撃があります。

そのようなことを言われたら気楽に「欲しい」と言える女性がどれだけいるでしょう。
自分は婚約指輪がいらないような相手と思われているのか、など駆け巡るかもしれませんが、幼い頃からの結婚への憧れが壊された気がするでしょう。

婚約指輪を手にプロポーズは女性が憧れていたものなのです。
しかし意地や見栄、なにより結婚前の嫌われたくない心理から「いらない」というでしょう。

その時の態度で気付いてももう手遅れです。
女性はその時点で傷付いてしまっています。
傷付いた心の修復はままならないものなのです。

男性から女性に「婚約指輪がいるか」という質問だけはしてはいけません。
婚約指輪は古来から男性が女性に贈った愛の証であり、現在でも消えていない素敵な儀式のひとつなのです。

Copyright(C) 2013 願いを込めて All Rights Reserved.