華やかな指輪

婚約指輪で感動させる渡し方は?

無事に婚約指輪の用意ができましたらプロポーズです。
婚約指輪の用意が整ったら婚約指輪を渡しながらのプロポーズしかありません。
しかし渡し方をどのようにするのかということにおいてもとても迷ってしまいます。

よく夜のディナーに誘って、食事の後にプロポーズというのがあります。
この場合、店にさりげなく趣旨を伝えておき、窓際の良い席を予約しておくという方法やお店の人の協力を仰ぎます。
食後のデザートのふりをして持ってきてもらい、皿の上に婚約指輪の箱が載ってあり、彼女が開けるとプロポーズするというにはある意味、王道ですが感激度も高い渡し方のようです。

またディズニーランドでのプロポーズも多いのです。
場所はシンデレラ城の前という女性がお姫様気分になれる場所で、婚約指輪を渡しながらのプロポーズや、パレードで大興奮が冷めない彼女にパレードの余韻そのままに、婚約指輪を渡してのプロポーズなどが、思い出のプロポーズ場所として挙げられています。

しかし彼女のタイプによってはそんな注目を集めるようなプロポーズを嫌がる人がいます。
恥ずかしがり屋で照れ屋、天邪鬼となりますと自分の行動が分からなくなり、後で落ち込んでしまうという人もいます。

そういう人は部屋でくつろいでいる時にさりげなく渡してみたりするのが効果的のようです。
特に凝ったことはしなくても何もない日ほどサプライズになります。

また冬の寒い日に歩いていると突然手を取られ、上着のポケットに手を入れられたら箱を握らされ、彼が離した手をみると箱があり、ここでプロポーズというのもあります。
手袋をしてない日がないので手袋越しになりますが、冬のさり気ないプロポーズの一例です。

夏は離れた場所で花火を見ながらのプロポーズで浴衣だとさらに雰囲気が出るでしょう。
男性は浴衣に慣れなく女性をエスコートしにくいのですが、慣れていたら浴衣の袖から出された婚約指輪に感動したという話です。

女性のタイプによって人の目があってもいいのか、駄目なのかなどということも考えてシュエ―ションを考えましょう。

Copyright(C) 2013 願いを込めて All Rights Reserved.