華やかな指輪

婚約指輪とファッションのハーモニーは?

婚約指輪をどのような意図で着けるかによってその選び方も変わってくるといってもいいでしょう。

まず普段使いしたい場合はシンプルで宝石が出ていないタイプの婚約指輪がいいでしょう。
シンプルすぎないかと感じるかもしれませんが、結婚指輪との重ね着けによって華美にもなります。
結婚後も仕事を続けるタイプの女性は細い指輪を重ね着けしたセットリングが邪魔にならないでしょう。
家に入り、専業主婦になる場合は凹凸のない華美な指輪が普段の服装などでも可愛らしさを保つでしょう。

婚約指輪はダイヤモンドとプラチナという組み合わせが多く、そのせいかどのような服装にでも合うようになっています。
しかしデザインによっては合わない場合もあります。

それが豪華なまさに一生に一度という言葉に相応しい婚約指輪です。
シンプルとは反対の凝ったデザイン、突起したダイヤモンドのデザインは仕事場では浮きますし、家事にも向きません。
だからこそ特別な日だけの指輪になってしまうのです。

ある意味、ワンピースやスーツでないと合わない指輪となりますと、出かける時や冠婚葬祭でしか出番がありません。
しかしその輝きがワンピースやスーツを引き立ててくれます。

結婚したらあまり可愛い服を着る機会はなくなり、妻としての自分を要求される時があります。
それは夫の会社関係に付き合いであったり、親戚との集まりであったりします。
そんな時にでも夫が贈ってくれた婚約指輪はきっと心強い味方になります。
年齢に応じて、指輪に合う服装を用意しておくこともいいことではないでしょうか。

普段は眠っている婚約指輪も1年に数回のお披露目に輝くことでしょう。
そのためにも年齢を重ねても似合うものを贈っていただきたいといえるでしょう。
自分で選ぶ場合もこれから着ける機会や洋服のことなども参考にして、選ぶというのも新しい選び方といえるのかもしれません。

婚約指輪は貰って眺めるだけではなく、実用的に使いましょう。

Copyright(C) 2013 願いを込めて All Rights Reserved.