華やかな指輪

婚約指輪は彼女に選んで欲しいと思うのは間違い?

婚約指輪を彼女と見にいくのはとてもいいことです。
サプライズプロポーズにはなりませんが、希望通りの指輪ができます。

ただし彼女に任せっぱなしにするのはいけません。
それでは男性の意見が入っていない、彼女が選んだ指輪が婚約指輪になってしまいます。
女性の理想にサプライズプロポーズがあるのはやはりどこかで彼が選んでくれた婚約指輪が欲しいからで、でも趣味でないとがっかりとしてしまうのはやはり現実でもあるのです。

しかしだからと言って自分で選ぶのは自信がないから他の友人に見てもらおう、などととんでもない考えだけは起こさないでください。
そんなことをするくらいならば選ぶ彼女の隣で大人しくお財布になっている方がどれほどマシか分かりません。

例え身内でも婚約指輪選びには入れません。
資格があるのは本人と彼女とアドバイザーの店員だけです。

実際に他人のアドバイスが入った婚約指輪を喜ぶ女性はいません。
「彼女は○○のブランドが好きだよ」「ここの店の店員はいろいろ相談にのってくれる」くらいのことで十分です。
後は自分で決めるか、彼女と選ぶかに限ります。

実際に婚約指輪を他人に選ぶのを手伝ってもらって恋人関係が壊れかけたカップルもいます。
女性にとって婚約指輪というのはそれほどの価値があるものだと考えてください。

彼女に選んでもらうメリットは指のサイズの心配がないことや、試着できること、なによりも本当に好きなデザインを贈ることができることです。
デメリットはサプライズプロポーズほどに驚かせることができないことや、予算の関係が分かってしまうこと、何よりも長い指輪選びに付き合う忍耐力だそうです。
そんなつもりはなくても何気ない態度が彼女に感じられてしまい、喧嘩になるということもあります。
大切な婚約指輪選びにそんなことはしたくありません。

そこである程度の下調べと彼女の好みから店の候補を挙げておいて、その店で彼女の好みを見ながら、さりげなく自分の好みも言ってみましょう。
たいていの女性は婚約指輪に相手の男性の好みなども入れたいのです。
任せるだけでなく、基礎と意見は述べるくらいの気持ちでいましょう。

Copyright(C) 2013 願いを込めて All Rights Reserved.