華やかな指輪

婚約指輪の代わりになるもの

婚約指輪の代わりによく贈られるのが時計です。
お互いにペアの時計を贈りあって「同じ時を歩みたい」という意味を込めて贈り合うのだそうです。
男性も着けられるペアの実用的なものを贈ることを好む人がいます。

婚約指輪の代わりに贈るのに真珠のネックレスを贈る、ブレスレット、スーツ…などと意外と婚約指輪の代わりに贈るものは多くあります。
中には婚約冷蔵庫、婚約オーブンなどと電化商品の方がいいと婚約家電になったという人もいらっしゃいます。
実用的です。

しかし本当に婚約指輪がいらない女性がいるのでしょうか。
確かに普段からアクセサリーに興味がなかったり、ましてや金属アレルギーならば分からないでもありませんが、普段からアクセサリーをしていたり、ショッピングなどで買っている様子などを見ていたのならば、まったく興味がないとは思えないという女性の場合は遠慮しているということがあります。
確かにこれから結婚となりますと二人で生活をしていくことになり、煌びやかな指輪をもらうよりは、生活に回したいというタイプや、付き合っているから収入が分かっていて買ってもらうのが申し訳ないと考えている人もいます。

しかし婚約指輪は決して意味のない指輪ではないのです。
古来では旦那様から奥様に贈る家に入る証のようなものでした。
それは結婚指輪にもあるのかもしれませんが、これから親戚同士の付き合いが始まるとある意味では必要不可欠になります。

冠婚葬祭には婚約指輪が必要となります。
特に結婚式などに出席するようになると装飾品に目をやる親戚のおば様たちの中で婚約指輪がないというのは旦那様の顔も立ちません。
特に同じような年頃の女性がいてきちんとした婚約指輪をしていたら、居心地も悪いですし、両親も肩身が狭い思いがします。
なぜならそのくらいの年代は婚約指輪は当然の時代だったからです。

そのことも考えて本当に他のものにするのかということをよく話し合って決めましょう。

Copyright(C) 2013 願いを込めて All Rights Reserved.