華やかな指輪

婚約指輪は結婚後も身につけたい指輪

婚約指輪を普段から付けておきたい場合は重ね付け出来るシンプルなデザインリングを選びましょう。
この場合はサプライズプロポーズで婚約指輪を贈ってもらうことは無理といってもよく、相手の男性の理解も必要です。
実際にずっと着けておきたいと願う場合には着け心地というものがとても大切になるからです。
実際に一緒に選んだものを着けても手に違和感があったら着けておくことは出来ません。

そんな中で人気なのはセットリングとして結婚指輪と一緒に付けることが出来る指輪です。
セットリングなそれぞれに単品で着けることも可能で、婚約指輪だけならば可愛い感じになり、結婚指輪だけならばシンプルな大人の感じになり、両方着けることで華麗に指元を彩ります。
普段使いにするにはあまり宝石などが突起していない婚約指輪を選んだ方が仕事や家事の邪魔にはなりません。

また結婚することで両方の指輪を重ねて着けることによって冠婚葬祭においてもおかしくない指輪になります。
婚約指輪が着けられない理由は普段にするにはもったいないという意見や、デザインやサイズが今の自分に似合わなくなってしまったから、というように考えてしまうようになった人も多くいます。
実際に昔からの憧れだったとティアラの形や大きなハートの宝石を象った指輪を選んだ人は着けていく場所を選びますし、普段使いにするにはためらいがでます。
またある程度の年齢になったら着けられないデザインといってもいいでしょう。

シンプルな中に少しお洒落を取りいれ、さらにあまり凹凸がないのが普段使いの婚約指輪として相応しいでしょう。
長く使える自分に合ったデザインにすればよかったと、後悔しないようにその場の一目ぼれや憧れだけで選ばずに、愛する人にもらったものを箪笥のコヤシと言われないように、いつまでも着けていられるデザインを選びましょう。
あまりシンプルすぎると華やかな席では見劣りがするのではないかと考えがちですが、不安ならばリングをもう1本増やすなどとアレンジをしていきましょう。

Copyright(C) 2013 願いを込めて All Rights Reserved.