華やかな指輪

婚約指輪は一生に一度の大冒険

http://www.denver-lender.com/4.htmlにも書いてあるように、婚約指輪というものは女性にとっては幼い頃からの憧れであり、男性にとっては一生に一度、永遠の愛を誓う相手に贈るものです。
オーバーに聞こえるかもしれませんが、結婚する人たちの親の世代の時代は婚約指輪が当たり前のような時代でした。
母親が父親から渡された指輪を見ていないという人は少ないのではありませんか。

実際に親の中には息子が愛する女性に婚約指輪を渡せる甲斐性ができたか、娘の方は愛する男性が婚約指輪を渡せるような男性を選んだのかをみるという人もいます。
実際に結婚の申し込みの許しをもらいにいった時に婚約指輪があるのとないのとでは、印象に差があるとまで言われているのです。
いくら今では婚約指輪を欲しがらない女性が増えたとはいえ、本当に贈らないことに納得していない場合は歓迎されない場合があるのだそうです。
別に婚約指輪の値段で価値が計られるわけではないのですが、何もしないような男に大事な娘をやりたくないという男としての親の心理が強く働くそうです。

婚約指輪は約束の証です。
すぐに結婚指輪になって箪笥のコヤシになってしまうとか、いらないと言われたというのは、相手の親が納得していなければ意味がありません。
http://www.corsicariver.org/01.htmlにも書いてあるように、婚約指輪が給料3ヵ月分というあるCMのキャッチコピーのようなことはありません。
平均で36万円、年収の8%という結果があり、そしてそれ以下でも全く構いません。

最近の婚約指輪は価格よりも相手をいかに理解し、相手の好みの物を渡せるかが重要視されている傾向にあります。
普段からよく見て、好みを把握してサプライズプロポーズを成功させるか、プロポーズだけを先にして一緒に買いにいって選ぶのかも自由です。

また絶対に平均の値段を目指さなくても構いません。
気に入ったもの、二人で創りあげたものが最高の婚約指輪です。

確かに最近は婚約指輪が必要なのかと言われています。
ですが男性が女性に贈る一生に一度の愛の証であるという昔からの歴史に習ってみませんか。

Copyright(C) 2013 願いを込めて All Rights Reserved.