華やかな指輪

婚約指輪はどれが良い?

婚約指輪は基本的に相手の女性が好むことが前提の華やかな指輪となります。
結婚指輪を基本的に毎日付ける機能性重視の指輪にして、婚約指輪は冠婚葬祭、ちょっとした集まりなどで、キラリと指を彩るものです。

婚約指輪に規定はありません。
一生に一度、男性から妻にと願う女性に贈ることが昔から決まっていたのですが、最近では二人で選びことも珍しくはありません。
セミオーダーもオーダーメイドもできますので世界にひとつだけの指輪を二人で考えて作ることもできます。
婚約指輪に悩んだ男性がアドバイスを求めるサイトなどをみれば、返ってくる答えは千差万別であり、体験談もそれぞれにあります。

まず決めるのはどういうタイプの婚約指輪にするのかということです。
普段から付けていられるような結婚指輪と重ね付けできるタイプの指輪は婚約指輪を外したくない人の好みに当てはまりますし、いざという時だけ華やかに彩りたいと考える人には普段使いには向かなくてもいいので、本当に好きなデザインを選ぶのがいいでしょう。
またブランドもそれこそ本物のジュエリーと呼ばれるようなものから、自分の好きなブランドまで選ぶことが可能です。

また予算をきちんと決めて店員にアドバイスをもらうことも大切です。
見た目が対して変わらないのに値段に大きな差があるのは宝石の価値が違うからです。
宝石の価値は余程の鑑定眼をもっていないと分かりません。
ダイヤモンドには4Cと呼ばれているものがあり、その価値によって値段が変わることもあります。

デザインを重視して華やかさを演出するか、昔からの定番の人気のある六爪立ての1個のダイヤモンドに輝きを求めるのかなどと本当に目移りするくらいにあります。
まず何をもって婚約指輪の基準とするのかを決めてはいかがでしょうか。

ただの贈り物としてだけではない、婚約指輪としての価値を指輪に求めて選びましょう。
その想いも婚約指輪に十分な価値を与えてくれるでしょう。
結婚指輪の意味について改めて知っておくと良いでしょう。

Copyright(C) 2013 願いを込めて All Rights Reserved.